不妊治療の費用についての説明

「赤ちゃんがなかなかできない」、「頑張っているのに妊娠体質にならない」と悩んでる女性は不妊治療を受けたほうが良いかもしれません。

不妊治療というのは医療の技術により妊娠率を高めることで、自然妊娠率と比較しても確率が大幅に上がります。

ただ医療であることから、その分、費用がかかってしまいます。

最初に受けるタイミング法については最高でも2万円程度と言われています。

タイミング法で妊娠できない場合は生殖器官に何らかの問題があるため、人工授精や体外受精にステップアップします。

どちらも特殊な検査や薬物を使用してから施術を行うため、費用も高額になってしまいます。

人工授精では1回につき高くても3万円程度ですが、体外受精の場合は60万円ほどかかってしまいます。

高額である理由は保険が適用されないからです。

不妊治療を受けるには家庭に金銭的余裕があるかも関係しています。

男性の不妊治療の費用について

不妊治療は女性だけのものではありません。

妊婦の葉酸不足

いくら女性が妊娠体質であっても、精子を提供する夫に問題がある場合は妊娠することができません。

そのため男性用の不妊治療もあるんですね。

これからあるクリニックを例に費用について説明します。

まず血液検査、ホルモン検査などの不妊一般検査代として3万2,000円かかります。

次に精子検査として2万円かかります。

ここで終了しても良いのですが、妊娠率を高めるためにより高度な検査を受けることもできます。

その場合の費用が約6万5,000になります。

合計すると1回につき10万円ほどかかってしまうんですね。

ただ、上記で説明したように不妊治療は自由診療であるため、クリニック側が費用を決めることができます。

同じ内容でも費用が安いところもあるので、治療を受ける前に事前にいろんなクリニックを確認したほうがよいでしょう。

不妊治療を受けた芸能人について

芸能人も不妊に悩んで、高額な費用を払って不妊治療を受けた人もいます。

まずは元テニスプレイヤーの杉山愛さんです。

36歳で結婚して不妊治療を開始しました。

一度は妊娠に成功しますが、途中で流産してしまいます。

その後も不妊治療を続けて再び妊娠に成功しました。

一度目の流産で相当精神的に辛い思いをしたと思いますが、テニスで鍛えた精神力で乗り越えたのだと思います。

次に女優の永作博美さんです。

永作さんは習慣性流産と医師から宣告されており、2度の流産を経験しています。

しかし、それでも不妊治療を続けた結果、39歳で第一子、42歳で第二子を出産しています。

杉山さんも永作さんも、いずれも流産を乗り越えて出産を成功させています。

これは現在、不妊で悩んでいる女性にとっては励みになりますよね。

不妊治療 費用、不妊治療 費用、不妊治療 費用

Copyright © 2014 不妊治療の費用【総額、料金について詳しく解説】 All rights reserved.